金野泰史

Konno Yasuchika

舞踊家・俳優

生躰研究家

芸術企画

KIUNJI

主宰



----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------     

 

金野野泰史は、一瞬にしてそこにいる人間全ての注視を束ねる。
稽古で磨き上げられた身体の躍動と散弾銃のような台詞がその場の時間を操る。
パフォーマンスの後、いつも印象に残るは長い拍手の後に金野を見つめるオーディエンスの「熱」。
point of view:古井真也

 

 ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

1999年より小竹林早雲(劇団夢現舎演出家)のもと俳優修行を本格的に始めメソッド演技をベースにしたものや、殺陣や茶道などの日本文化、身体表現を中心に稽古を積み、公演を行う。2003年より俳優修行も継続しながら元藤あき子ワークショップに参加し舞踏に触れる。2004年より目黒大路主宰「NUDE」に参加し、舞踊・舞踏の身体操作を学ぶ。また同年師金井梅乃の下で、身体感覚の稽古を本格的に始める。2005年よりソロ活動を開始。また様々なコレオグラファーの作品に客演し,色々な芸術家とのコラボレーションや共同制作なども行う。その他にも俳優としてショートムービー、イメージ映像への出演や、foodcreation諏訪綾子のperformancecastとしての活動もしている。

効率的であればあるほど服従的な身体から逃避し、トポロジイ的でありレゾナンス的で死んだら消える日本文化的かつ野生の身体観、生命観を研究しその力を底辺かつ頂点とすることを基礎に、またそのチカラを蘇らせることを伴いつつ表現へと転化させている。

2009年上記の哲学・理念を軸とし、芸術・表現活動を行う名義としてKIUNJI(キウンジ)を立ち上げる。

2012年より「身体との付き合い方」ワークショップも行なっている。また同年知的障害者の支援をしているNPO法人ぱれっとの主催するぱれコレの演出も行う。

2013年より、師より教えを受け、稽古し体験してきた「生きているってどういうこと?」(=生因の探求)にさらに自身の研究を加え深め、身体感覚に落とし込む作業を行い、自身の表現のため、またその感覚世界を世間に広めるため、生躰研究家という肩書きのもと活動も行う。→詳細はブログ記事を参照下さい。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


>俳優歴
1999年より俳優養成所 空想スタジオ・アトラクターズにて演技を学び始める。
2000年より小竹林早雲に週5日間指導のもと、太極拳や殺陣、茶道や能の伝統文化、
無対象など身体を使った表現を多く取り入れた稽古をし、年1回アトラクターズのプロデュースにて公演を行う。
2003年よりアトラクターズ「俳優の泉」にて、小竹林早雲指導のもと稽古を継続している。


>舞踏歴
2003年に、元藤あき子ワークショップに参加し舞踏を始める。
2004年より、目黒大路主宰「NUDE」に参加 2005年より、ソロ活動を開始。音楽家、美術家、写真家など
様々なジャンルのアーティストと共演し、自身が稽古し探求している身体観、身体感覚に基づいての表現を追い求め
ジャンルに囚われることなく、根源的な表現を模索し、「生きている」という答えの無い問いを更新し続けている。
2009年 自身が主宰するパフォーミングアートグループ
【KIUNJI】(キウンジ)を高崎俊(drum・percussion)古波津拓也(percussion)と共に立ち上げる。  

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 出演・公演歴

>舞踊

2011年以降はブログを参照下さい。

2010年
10月 KIUNJI本公演 【HAKU】
02月 吉野祥太郎作品クリージングイベント×KIUNJI in 【NO MAN'S LAND】フランス大使館旧庁舎 ※高崎のみ

2009年
12月 三輪美奈子(美術)×【KIUNJI】パフォーマンス
11月 イベント【BIG TIME】にてパフォーマンス
10月 イベント百楽 vol.6にてパフォーマンス ※高崎のみ
10月 SENSE2009 野外レイブイベントにてパフォーマンス
7/10,11.ダンスがみたい!11 石井かほる振付作品「風の石」に出演
4/25.KIUNJI 旗揚げ公演 「誰が為に百花咲く」 振付・構成・出演。
1/07.ダンスがみたい!新人シリーズ7 「源源囁」 振付・構成・出演。
1月7:die pratze 新人シリーズ 「源源囁」 music:高崎 俊(percussion).古波津 拓也(percussion)

2008年
6月22:ソロ.ダンスシード2008 出演作品「路地」。(マスターピースとして出演) 
7月2:アート展「Beau・ti・fied・Ta・boo」-A Dangerous Art exhibitionにてパフォーマンス(六本木SPER DERUX)
make:KAORI KASSO music:KAOSU(percussion).KOHATU(percussion).

10月:ソロ.David Titterington 絵画個展にてパフォーマンス

2007年
3月:ソロ.山口理一写真展「A sense of de`-tach ment」オープニング・パフォーマンス
4月:即興悲劇 「ふたたび 途方の暮れ方」監修 野口裕之
5月26-27:劇団pH-7 プロデュース 2007密室danceシアター「踊り三昧」(名古屋)
9月23:ソロ公演「kodama」フリージャズドラマー豊住芳三郎とのセッション(公園通りクラシックス)
10月13:ソロ.David Titterington 絵画個展「森羅万象」にてパフォーマンス(音楽の泉 in 新居浜) 
11月16-17-18:ダンス01+シアターX 提携公演 「W/4夜からの長い手紙」客演(シアターX)

2006年
1月:ソロ「LIVE POINT 002 おどる花」フラワーデザイナーTAKAYA氏と共演 企画・プロデュースpoint of view
3月:ソロ.山下昇平 個展 「都会のすきま」オープニング・パフォーマンス
4月:NUDE公演vol.3「部屋」die pratze MSA Collection2006参加作品
8月:ソロ企画イベント 「ひとりまい」(cafe MURIWUI)
10月:ソロ.シアター21フェスVol.61
12月:即興悲劇 「途方の暮れ方」 監修 野口裕之 俳優・舞踏家として出演

2005年
5月:NUDE公演vol.2「自分が殺される日サン・・・」
7月:ソロ.国際芸術カーニバル〔PAC〕2005「舞踏の源流から身体表現の未来へ」 
7月:ソロ.フリースペース・アートランド5周年記念オールナイトイベント 「Punctum」
9-10月:Mad In Japan ロシア・ドイツツアー(玉野黄市、山本萌、工藤丈輝、鶴山欣二、赤色彗星館)
10月:ソロ.ダイトウノウケン写真展 「春骨」 イベント 「元藤あき子さんを偲んで」 
:ソロ.After-Mad in Japan in Japan帰国報告会 
:ソロ.舞踏グループ 若衆 イベント 「若衆の日vol.16」

2004年
5月:NUDE公演「sikin」
10月:アスベスト館ウィーク「舞踏の火 舞踏の華」NUDEにて出演

2003年
7月:細江英公 写真展記念「舞踏ライブ」
10月:川崎市岡本太郎美術館「肉体のシュルレアリスム舞踏家 土方巽抄」舞踏パフォーマンスイベントに参加
 >俳優

>俳優


2007年7月:アトラクターズ俳優の泉公演 三島由紀夫 近代能楽集「班女」作:三島由紀夫 演出:小竹林早雲(アトリエ公演)
2003年:アトラクターズ・プロデュース公演vol.3「坊やのお馬・風変わりなロマンス」作:テネシー・ウィリアムス演出:小竹林早雲
2002年:アトラクターズ・プロデュース公演vol.2「白地図たちのジャムパーティー」作:オリジナル演出:小竹林早雲
2001年:アトラクターズ・プロデュース公演 「パーフェクトファミリー」作:オリジナル演出:小竹林早雲

 

その他
映画 「稀人」監督:清水崇 デロ役
イメージフィルム 「序破急」製作:東海秘密倶楽部 
food creation 諏訪綾子(artist)「LOST TONGUES/とまどいのメニュー」青参道アートフェア
アッシュ・ペー・フランス 株式会社「LOST TONGUES_2/とまどいのメニュー」101TOKYO contemporary art fair 2008にパフォーマーとして参加。
宮原夢画(photo)+諏訪綾子「味身」(恵比寿 gallery POINT) にモデルとして参加。

 

 

inserted by FC2 system